ニュース&トピックス 天然繊維「麻」 麻ミュージアム 「麻」基本情報 リンク
麻紡績協会について 会員企業一覧 お問い合わせ English Online Shop
上布

上布というのは、手績み(麻を細かく裂いて紡ぎ、撚り合わせる)した細い糸を、産地独特な技法で織り上げ、加工した高級な麻布のこと。

(1)越後上布と小千谷縮
越後地方で早くから上布の生産が行われ、天正年間(1573年〜1591年)に上杉氏が、原料からむし(苧麻)の栽培を奨励したことによって、越後上布の生産は一段と盛んになりました。
その後、寛永10年(1670年)、明石藩の浪士堀次郎将俊が小千谷在に移住して、越後上布の改良を試み、緯糸に強い撚りをかけて布を織り、仕上げで布にしぼ(縮しわ)を作ることに成功して“小千谷縮”の起源となりました。また、縞や花模様、絣りを織り出す工夫もしました。
上布と縮布の違いは、縮布が緯に強い撚糸を使う点で、それ以外は原料、作り方等総て同一です。
即ち、からむし(苧麻)の手績糸(青苧を親指と小指で細かく裂き、経糸用は結び、緯糸用は撚りをかけて糸とする)を地機で織り、雪晒しを行って仕上げたもので、昭和50年に、“越後上布”“小千谷縮”として重要無形文化財の指定を受けました。


(2)近江上布
近江上布は鎌倉時代に京都の職人が移り住んでその技術を伝え、江戸時代に入って彦根藩の保護政策のもとで、農家は副業として着尺地、蚊帳地等を盛んに生産し、近江商人が全国に売り歩いて有名になりました。
近江上布は、昭和52年に伝統工芸品の指定を受けましたが、その技法は、生平(きびら)にあっては経に苧麻糸または手績み大麻糸を使い、先染め、平織りとし、絣糸の染色は櫛押捺染または型紙捺染によると定められています。現在、愛知川を中心とする湖東地区で、着物、服地向け上布、ふとん・座布団・シーツ向け縮等が生産されてますが、手績糸は影を潜め、苧麻糸(紡績糸)使いが主体となっています。


(3)能登上布
能登地方は、平安時代から苧麻を栽培し、江戸時代中頃まで近江上布向けの原料としてきましたが、1814年の近江から職人を招いてその技法を導入し、能登上布の生産を始めました。
能登上布は、能登縮または安部屋縮(出荷港の名)とも呼ばれ、主な産地は石川県鹿島町・鹿西町・羽咋市等で明治初期には麻織物の生産全国一を誇り、昭和35年に石川県無形文化財の指定を受けました。
能登上布は、海晒しの麻織物として有名で、まず織り上げた布の糊を落とす為、海水に一昼夜漬けては乾かす作業を4〜5回繰り返した後、欅製の臼に数反づつ入れて桐の杵で搗きます。次いで晒し桶でお湯をかけながら足でよく踏み、4〜5時間寝かせた上で海水に拡げ、布を膨らませながらよく晒し、真水で十分濯いだ後海岸の岩場で天日に晒します。
能登上布の特徴として各種絣柄がありますが、この絣糸の染色には板締め、櫛押し捺染、ロール捺染、型紙捺染の手法が使われます。


(4)宮古上布
宮古島で栽培した苧麻を手績みして糸を作り、手括りや締機で絣糸とし、琉球藍と蓼藍を混ぜた液で染め、高機で織り上げたもので、重要無形文化財の指定を受けています。
宮古上布には白絣もありますが、南国の自然をモチーフとした織り柄と黒に近い濃藍とが大きな特徴で、その艶のある深い藍の色合いは、織りあがった布地を水洗いして澱粉をまぶし、木槌で一万回も叩きつづける“きぬた打ち”や染めて乾かし、染めて乾かす作業を一週間も繰り返す丹念な布染めによって生まれるものです。


(5)八重山上布
17世紀初め、薩摩への献上布として知られた八重山上布は、石垣島が産地です。
経苧麻糸、緯苧績糸使いで、同島産の紅露芋の色素で絣を焦茶に染めたもので、我国唯一の茶絣上布となっています。
平成元年4月に伝統工芸品の指定を受けましたが、その技法は苧績糸又は苧麻糸を使い、絣染色は手括りか手擢りこみによる先染とし、緯糸の打ち込みは手投杼を使って平織りとする、と定められています。



以上参考文献「麻の知識」平成5年8月 著者:山守博
区切り線
HOME | ニュース&トピックス | 天然繊維「麻」 | 麻ミュージアム | 「麻」基本情報 | リンク | Online Shop
Copyright(C) 2009 Japan Linen,Ramie & Jute Spinners’ Association All Rights Reserved.