ニュース&トピックス 天然繊維「麻」 麻ミュージアム 「麻」基本情報 リンク
麻紡績協会について 会員企業一覧 お問い合わせ English Online Shop
日本古来の麻

(1)麻は衣服の主役
我国の古い時代に、衣服の材料として利用されたものは、各種ありますが、記録からみると、穀とその同族の楮が多く用いられ、加工した布は、“木綿”又は“栲布”と呼ばれました。
然し、これらの樹皮繊維は、原料の採収や編・織への加工が難しかったことから、麻(大麻と苧麻)の利用が自然と増えたものと思われ、またこのことは、実際の出土品に麻を使ったものが大半を占めていることからも証明されています。
さて、麻の内大麻は、中国から渡来した帰化植物といわれ、縄文前期の鳥浜貝塚から種子と縄・編物が出土しています。
また、苧麻も帰化植物といわれますが、野生種(アカソ等)もあって、縄文晩期前半の中山遺跡からアンギン調(編み衣に由来するといわれ、編まれた袖無や前掛け等の総称)の編物が出土しています。
更に弥生前期(B.C.300年頃)に属する綾羅木遺跡からは、平織布(緯糸20本、経糸18本/cm2)が出土し、我国で最も古い織布といわれています。
三世紀になると魏志倭人伝の記述から、稲と共に苧麻と桑が栽培され、麻織物や絹織物・真綿が沢山作られていたことが知られています。
即ち当時は、衣服として、麻や絹が主に使われましたが、庶民用としての麻に使用が絹より多かったことは、その出土品等からも判断されます。
このように麻は、古代から中世に至る長い間、しかも四季を通じて(冬は単衣の重ね着、または苧屑・蒲の穂等を入れた袷を着用)庶民の衣服として将に主役的な役割を演じたものと言えます。


(2)麻と庸・調
7世紀からの古代国家では、律令制によって民衆の労働や現場負担が国家財政の基盤となりました。
即ち、大宝律令(701年施行)や養老律令(757年施行)のもとで、麻は絹と共に庸・調の対象となり、奈良・平安時代を経て長く年貢としての役割を果たしました。
このように自家用の外に、国の財政を負担するための生産が強いられることによって、布作りの技術は各段に向上し、叩いたり、踏んだりする外、天日や雪や水に晒す手法が行われ、布はより白く、より柔らかく上質となってきました。
なお、その後醍醐天皇の延長5年(929年)に、越後の国外25カ国で生産される麻布を、庸・調としたとの記載が延喜式にも見られ、麻は古代国家に於ける納税手段として、極めて重要な役割を果たしました。


(3)麻と軍需
吾妻鏡(鎌倉時代の史書)に、健久3年(1192年)源頼朝が勅使に、東国の名馬や絹糸と共に、越後上布千反を贈ったと記載されていることから、越後地方は当時苧麻布の生産が盛んで、しかも献上品として恥ずかしくない良質のものが出来ていたことが知られています。
この様な麻布の生産は、武家社会となった鎌倉時代から、室町時代にかけて一段と増加し、その利用も庶民の衣服の外、上流社会や武家社会の服装に使用され、中でも軍需としての用途が急増しました。
即ち、軍衣類は言うに及ばず、陣幕・旗差物・馬具・綱等々に広く使われ、特に陣幕は矢を通さぬことから、兜や鎧の裏地としては汗に強いことから、麻を最適として重要が膨らみました。


(4)麻の礼服
江戸時代に入ると麻は、今迄のように四季を通じての衣服でなくなり、冬は次第に木綿に変わっていきました。
しかし、その需要は、衣服の外蚊帳の普及等によって支えられ、更に徳川幕府の寛永年間に、礼服として大紋(大形の家紋を5箇所に染め出した直垂で五位の武家以上の式服)などに加え、麻の裃が使用されるようになって、麻布の需要は元禄・享保年間に最盛を極めました。
これら礼服を主とした大きな需要に応えるため、越後の国やその他の苧麻産地で生産された青苧(苧麻の茎から剥いだ粗皮を手挽きして精製したもの)は、その多くが奈良に送られ、従来の糸績み、織布に、新たに晒加工の技術を加えた手法で、“奈良晒”が生まれて好評を博し、礼服の需要に大きな貢献をしました。
そして、苧麻の産地も越後の国の外、最上・米沢・庄内・会津へと拡がり、我国に於ける苧麻生産の黄金時代が出現しました。





以上参考文献「麻の知識」平成5年8月 著者:山守博
区切り線
HOME | ニュース&トピックス | 天然繊維「麻」 | 麻ミュージアム | 「麻」基本情報 | リンク | Online Shop
Copyright(C) 2009 Japan Linen,Ramie & Jute Spinners’ Association All Rights Reserved.