ニュース&トピックス 天然繊維「麻」 麻ミュージアム 「麻」基本情報 リンク
麻紡績協会について 会員企業一覧 お問い合わせ English Online Shop
FRANCE・BELGIUM (フランドル 又は フランダース地方)

フランス北部、フランドル地方に位置するリールは、リヨンに次ぐ繊維都市である。このリール中心部からベルギー国境を超えるまで、車でおよそ40分。 この範囲の中にはリネン栽培に有する広大な土地と、約200のスカッチャー(フラックスの栽培から製繊までを行う企業)が存在する。
フランスはヨーロッパ最大の亜麻繊維輸出国であり、総生産量10万tのうち8万tを産出し、次いで第2位がベルギーとなる。両国にまたがるフランドル地方は、栽培からスカッチングまでを行う最大規模の産地である。

KORTRIJK 博物館(クルトレー・フラックス博物館)
クルトレー・フラックス博物館では、過去におけるフランダース地方のフラックス栽培に携わる人々の生活から、機械化に至るまでの工程が、26の興味深いシーンによって再現されている。

クルトレー・フラックス博物館の外観


木槌でフラックスを打ち、種を落とす

フラックスの収穫

手作業で行われる製繊の初期段階

農家のキッチンの様子。1900年頃

区切り線
HOME | ニュース&トピックス | 天然繊維「麻」 | 麻ミュージアム | 「麻」基本情報 | リンク | Online Shop
Copyright(C) 2009 Japan Linen,Ramie & Jute Spinners’ Association All Rights Reserved.